電気自動車「日産リーフ」で福島県郡山市→新潟市を走ってみた(磐越道利用)。

日産リーフ@磐越道 新鶴PA 後方は磐梯山

日産自動車の浅井です。

電気自動車や日産リーフについてWebで検索すると、たくさんの情報が出てきます。
さまざまなご意見がありますが、ひとつご注意いただきたいのが、「その記事はいつ書かれたものなのか?」ということ。

というのも日産リーフの発売開始は2010年の12月。その後マイナーチェンジ(航続距離200km→228kmに)、30kWhバージョンの発売と、リーフそのものの性能も進化しています。
また2010年には全国で数百基だった急速充電器もいまでは全国に7,000基以上、普通充電器をあわせると23,000器以上になるなど充電インフラも大幅に増えています。

特に充電インフラは2015年に大幅に増えたので、それ以前とそれ以後では電気自動車の使い勝手が大きくことなりますので、「これはいつ書かれたものなのかな」と確認してみてください。

今回も情報を上書きするべく「走ってみた」シリーズをお届けします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

電気自動車「日産リーフ」で秋田→仙台を走ってきた(東北道、秋田道利用 中尊寺寄り道あり)。

雪の秋田自動車道(日産リーフの車窓から)

日産自動車の浅井です。

リーフで雪の高速道路を走った記事
電気自動車「日産リーフ」で仙台→秋田を走ってみた(東北道、秋田道利用)。
を公開したところ、とても多くの反響をいただきました。

スキー場に行ってみたり、雪道を走ったり、自動車として当たり前のことだったりしますが、まだまだ電気自動車はいろいろなことが「できない」「できるの?」とお思いの方がいらっしゃるのも事実です。
そういった疑問に対して、このブログで「やってみたらこうでしたよ」「できますよ」とお答えできればいいなと思いながら、毎回チームでテーマを考えています。

雪の高速道路、今回は秋田→仙台を走ったレポートです。

電気自動車「日産リーフ」で仙台→秋田を走ってみた(東北道、秋田道利用)。

秋田道 錦秋湖SA(下り)で急速充電中の日産リーフ

日産自動車の浅井です。

全国の高速道路のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)に電気自動車(EV)用の急速充電器の設置が進んでいます。

東北でも仙台以南は以前から急速充電器が設置されていましたが、昨年2016年12月に新たに仙台以北の東北道、秋田道のSA、PAにも設置されました。
参考リンク NEXCO東日本さんニュースリリース(PDFが開きます)

「走ってみた」を繰り返してきたこの日産EVブログ、今回も走ってまいりました。

電気自動車「日産リーフ」で越後湯沢のスキー場に行ってみた。

日産自動車の浅井です。

電気自動車「日産リーフ」でスキー場に行ってみた。往路編
電気自動車「日産リーフ」でスキー場に行ってみた。復路編
と、スキー場がある地域へのドライブの往復記録をご紹介してまいりました。

でも、まだスキー場出てきてないんです。

電気自動車の充電月額2,000円 日産の新充電サポートサービス始まります。

EV急速充電器 充電コネクタ
ZESP2使いホーダイプランご加入で全国5,300箇所以上の急速充電器が使い放題

日産自動車の浅井です。

電気自動車を快適にお乗りいただくための新しいサポートプランが登場しました。

日産ゼロ・エミッションサポートプラン2(通称ZESP2)

このZESP2

・使いホーダイプラン
・つど課金プラン
というふたつのプラン
をご用意しているのですが、

断然「使いホーダイプラン」がおすすめです。

なぜなら、
月額2,000円(税別)で、全国の多くの急速充電器が使い放題になるから。

リーフ(ZESP2使いホーダイプラン利用)とガソリン車だと、こんなに違いがでるんです。

【保存版】高速道路各社 EV(電気自動車)急速充電器 設置SA/PA情報リンクまとめ

電気自動車用 充電スポット(EV急速充電器) 看板
こんなサイン、見かけることが多くなってませんか?

日産自動車の浅井です。

日産のお店や道の駅、コンビニやショッピングセンターなど、いろいろなところで電気自動車(EV)の充電スタンドを見かけるようになりました。

「そんなの見ないよ」という方もいらっしゃると思いますが、いえいえ、もう身近にあると思いますよー。充電スポットは上の写真のような看板があるので、青い看板があったらよく見てみてください(青じゃない場合も一部あるんですが……)。
ちなみに、ガソリンスタンドのように一画全体が充電スタンドではなく、駐車場の一部だったりするのも、意識していないと認識しにくい要因かもしれません。

さて、EV充電スタンドは、上記のような一般道だけではなく、高速道路のサービスエリア、パーキングエリア(以下SA、PA)にも急速充電器が設置されています。
高速道路各社ごとに情報がWebに公開されているので、各社の情報をまとめてみました。

電気自動車「日産リーフ」で房総

館山市の菜の花

日産自動車の豊田です。
なかなか春らしくなりませんね。
春の方が来ないなら、こちらから春に行くしかない。
ということで他の場所より一足早く春を感じられる場所に出かけるのもいいかもしれません。

南房総なんかいかがでしょう?

高速道路でのEV充電がより充実!NEXCO各社の充電インフラ整備状況、整備計画まとめ

電気自動車用急速充電器サインボード

日産自動車の豊田です。

高速道路のサービスエリア(以下SA)、パーキングエリア(以下PA)での電気自動車用急速充電器の設置予定箇所について、先日NEXCO東日本さんから発表がありました。

発表済みのNEXCO中日本さん、NEXCO西日本さんの情報とあわせて、2014年1月末時点で高速道路各社のEV充電インフラ整備状況、整備計画についてまとめてご紹介します。

充電スタンド増でより快適に 電気自動車「日産リーフ」で南伊豆下田へ

河津桜
一足早い春を感じに

日産自動車の豊田です。

2014年の1月ももうすぐ終わり。もうしばらく寒い日が続きますが、一足早い春を感じにドライブをしたくなる季節でもあります。そんな気分のときに関東地方にお住まいの方が思い浮かべる場所のひとつが、伊豆ではないでしょうか。

ちなみに、早咲きの桜で有名な東伊豆 河津町の「河津桜まつり」は今年2014年は2月5日(水)~3月10日(月)の開催。

日産リーフで出かけてみませんか?